鉄板調教

  • ログイン
  • MENU

メンバーログイン

ログインID
パスワード

鉄板調教とは

ブログブログ

06/05(水)20:30「エプソムカップ」は『鉄板重賞』で提供決定!さらにモンスター登場!【水曜調教速報】

東京競馬場での5週連続GI開催が終わり、宝塚記念まではGIの狭間となるため、ひと段落したように思えてしまうのは気のせいで、馬券の観点でいえばレースの格と馬券の勝負度合いはまったく別の話。

安田記念はスタート直後の斜行により、後味の悪いレースになってしまったものの、怒りをぶつけたい対象が、騎手会長の武豊騎手だったということで、「我慢」している方も多く、その鬱憤を晴らすべく、良い方向に気持ちを切り替え始めている関係者もいます。

あれが若手の騎手の失態であれば、いつまでも文句をタラタラ言い続けているだけだったのでしょうが、相手が相手だけに、「どうしようもない」ということで、それが逆に発奮材料に繋がっているようで、GIの狭間に入るとはいえ、トーンが上がっている関係者が増えているのは好材料と前向きに捉えて良さそうです。

後味が悪かった分、これで気持ちが切れることなく、調教に対して熱がこもっていることは特筆すべきで、

不利をダイレクトに受けた
ロードクエスト(小島茂之厩舎)
ペルシアンナイト(池江泰寿厩舎)
アーモンドアイ(国枝栄厩舎)
ダノンプレミアム(中内田充正厩舎)
この4頭の陣営の各馬の仕上げ方には、特に注目しておくと良いかもしれません。

さて、今週の本題へと話を移しますが、GIの狭間に入るとはいえ、レースの格は関係なく、今週最も注目いただきたいのは、東京芝1800mで行われる日曜日のGIII重賞「エプソムカップ」。

『鉄板重賞』で、「エプソムカップ」が提供となることが決定したわけですが、『鉄板重賞』で提供されるということは、このエプソムカップの出走馬の中に『鉄板調教馬』が存在するということです。

不利を受けたアーモンドアイが、ハナ差分だけアエロリットに届かずに僅差で獲り逃してしまった安田記念のリベンジというわけではありませんが、GIの連続開催が終わり、レースの格を利用した報道の過熱合戦が落ち着いた直後というタイミングだからこそ、いつも以上に「盲点」となりやすい状況が作られたエプソムカップの『鉄板調教馬』の存在。

『鉄板調教馬』が重賞の出走馬の中に出現したからこそ、『鉄板重賞』の提供が決定したわけですが、

先週の『鉄板調教馬出走レース』は、

土曜日
「阪神10R 三木特別」
3連単3万6990円的中!(30点)
29万5920円獲得

日曜日
「東京7R 3歳以上1勝クラス」
3連単2万140円的中!(30点)
16万1120円獲得

土曜日は3万馬券、日曜日は2万馬券的中と連勝。
『鉄板調教馬』の好走確率、精度の高さについては、改めて申し上げる必要もないでしょう。

「エプソムカップ」の『鉄板調教馬』は果たしてどの馬か!?
今週の『鉄板重賞』の提供でご覧いただきましょう。
レースの格はGIに及ばないとはいえ、レースの面白さは、GIにも劣らない一戦となるはずです。

そして今週は、さらに1万頭に1頭の発生率=0.01%の確率でしか出現しない[勝負調教馬×人気薄]というモンスター調教馬も出てきたことで、『モンスターBIG BANG』も提供となります。『モンスターBIG BANG』は配当狙いに特化した提供となるため、的中率よりも配当重視ということになりますが、的中した際には万馬券以上はほぼ確定。10万馬券も視野に入る提供ですので、こちらも注目ください。

エプソムカップ週のダイヤモンドプログラムは、
・『鉄板重賞』「エプソムカップ」
・『モンスターBIG BANG』
以上の2つ。

ダイヤモンドプログラムは勿論のこと、
「鉄板調教馬出走レース(1鞍)」と「勝負調教馬パック(2鞍)」をまとめた『鉄板プレミアムパック』は、
土曜3戦2勝(37万6920円獲得)。
日曜3戦3勝(35万7920円獲得)。
先週もプラス収益を計上。

引き続き『鉄板PREMIUMパック』にも注目いただき、弊社独自の「調教競馬」に基づく厳選した提供で、今週も収益を手にしながら、競馬をお楽しみください。

東西トレセンの馬場からチェックしてゆきたいと思います。

<栗東>晴で良馬場発表。概ね、平均的な時計が多かったが、テンから飛ばした馬や、パワーのないタイプはラスト失速するシーンも目についた。良馬場発表ではあるが、とくにラストの1ハロンが時計を要した印象。その中で切れた馬は調子の良さをアピールしているとみていいだろう。エプソムC組のソーグリッタリングが5F68秒6〜53秒2〜39秒1〜11秒5(併せ馬併入)で2連勝中の勢いを感じさせる最終追いだった。5ハロン67秒台がでていれば及第点は与えられそうだ。

<美浦>南ウッドは良馬場。天候に恵まれなかったここ2週に比べると、コンディションは良く、走りやすい馬場だった。2歳馬が増えたことによって全体の平均時計は遅くなったが、それでも5F69秒台が基準値。1Fも12秒台が出ており、騎乗した助手からも「速いね。乗ってる感覚が先週とは違うし、馬も下を気にするようなことがなかった」と満足げ。日曜メーンのエプソムCに出走するプロディガルサンが5F66秒0の好時計をマークしている。ポリトラックは引き続き速め。1F11秒台が出ている。坂路は通常。4F53秒台ー1F12秒台なら優秀と言える。

▼エプソムCに出走予定のプロディガルサン


それでは本日の追い切りから、目を見張る動きをしていた5頭をお届けします。

土曜東京5R 2歳新馬
【ディンブラ】
 上原厩舎は4月末の入れ替えで2歳馬が一気に入厩。同馬は2歳馬併せを繰り返す中で1番の脚勢、手応えを見せてきた。今週はパートナーを古馬に変更。ウッドで2馬身追走してスタートしたが、直線は内からスッと並ぶと、追われる古馬を見ながら余裕の走り。最後は軽々と抜け出して1馬身の先着。攻めを強化しても全く問題なく、時計も4F53秒8ー1F12秒7。コンスタントに勝ち上がる母系の血に、父がダイワメジャー。仕上がりは早く、いきなりから楽しめそうだ。

土曜東京9R 八丈島特別
【フォルコメン】
 2週前の併せ馬では追われる古馬を子供扱い。先週はゴーサインに瞬時に反応して、一気に突き抜ける鋭い切れ。ここまでの調教過程は素晴らしく、休養前とは出来が違う。今週はレーンを背に単走追い。キビキビとした身のこなしに、直線も活気あふれる走りで1F13秒2。馬体のパンパンに張った状態で、これ以上ないくらいの仕上がりだ。

土曜阪神9R 生田特別
【ルタンブル】
芝コースで今週出走予定の新馬と併せ、
6ハロン77.2-62.2-48.7-36.6-11.7秒。
コンスタントに使われているが、キビキビと小気味いい動きで元気一杯。ラヴズオンリーユー、コントラチェックといった強豪にもまれてきた馬で初の古馬相手でもヒケは取らない。

日曜東京5R 2歳新馬
【ウインカーネリアン】
 1週前は芝での追い切り。バネの利いたフットワークで駆け抜け、走る下地を証明した。今週はウッドで併せ馬。5Fで2馬身追走して内に潜ったが、スピード、切れの良さで僚馬を圧倒。最後まで余力を持ったまま伸びて1F12秒7。1馬身の先着を果たした。ここまで9本の時計をマークして、内蔵面もかなり強くなっている。古馬と並んでも遜色ない筋肉質の馬体が、仕上がりの良さを表している。

日曜阪神9R 三田特別
【エイシンクリック】
Wコースで6ハロン85.0-67.7-52.3-38.9-12.9秒。ラストは控えたため数字は目立たないが、ノビノビとした走りは好感。少し間隔が開いたが、丹念に乗り込みキッチリと仕上がった印象。以前はスピード不足の競馬が続いていたが、2400mに替えた2戦は持ち味のスタミナを活かし1、3着。クラス2度目の今回はキッチリ差し切る。

今週は以上の5頭をPICK UPさせて頂きました。
さて、本番での結果やいかに。

※枠順・馬場状態や輸送状況によっては評価を下げるケースもあるので取り扱いにはご注意ください。
※水曜時点での速報であり、平場の馬に関しては想定を元にご紹介しているので、除外や出走レースの変更が起こる可能性があることは予めご了承ください。

6月5日(水)
水曜調教速報

HOME

↑