【土日総括】中山開幕週から的中ラッシュ! 『美浦班長・田宮』が中山攻略の基礎中の基礎で好配当獲得!

NEW2021.02.28 更新
皆様、今週も1週間ありがとうございました。
鉄板調教のサイトマネージャー森本でございます。

今週から中山開催が開幕し、皐月賞週までノンストップで中山競馬が行われます。

その、中山開幕週を飾った重賞レースが『中山記念』

こちらの『中山記念』はロイヤルイベントでの提供しており、その提供元は『特命ルート』

『特命ルート』とは、特殊な事情が背景にある際に、全ての背景を掴みその真実を元に情報提供をするためだけに結成された特別チーム。今回の中山記念提供にあたって、そのレースのみを集中的に情報収集に努めてきました。

『特命ルート』は今年に入り、中山記念、京都記念、日経新春杯、AJCCなどといった中長距離重賞を中心に提供。

今年の中山記念に出走するメンバーのほとんどが前走で上記の中長距離重賞を使っていたことから、中山記念の『特命ルート』が結束されました。

その『特命ルート』が中山記念で◎ヒシイグアスを本命に抜擢し、1着固定での3連単流しを推奨。見事に2万2270円の高配当を射止めました。

『特命ルート』は今回の中山記念について、

「例年の中山記念はGIの前哨戦という位置付け。そのため、GI級の馬が出走してきますが、今年は小粒な印象が否めません。例年のメンバーレベルなら“中山記念を叩き台にしている実力馬”と“中山記念での勝負度合いが高い馬”を比較しなくてはいけませんが、今年のメンバー構成を考えると、後者に該当する“中山記念での勝負度合いが高い馬”だけを考えればいいだけです

予想の主軸を“中山記念への勝負度合い”に置いたとき、自然と1頭の馬が浮かび上がると思います。それが我々の本命馬◎ヒシイグアス◎ヒシイグアスは現在3連勝と勢いに乗っていることはもちろん、前走の中山金杯で重賞初制覇。今がまさに充実期と言ったところ。

そして、ヒシイグアスは中山コースで6戦3勝2着2回を誇る中山巧者。前走後は中山記念を目標に設定され、堀調教師自らが管理する在厩調整でレースに挑んできました

調教師の立場で考えると、連勝中の馬は勢いそのままに勝ち星を積み重ねてほしいもの。つまり、◎ヒシイグアスのような連勝馬は厩舎サイドの星勘定に入ってくるのです。

◎ヒシイグアスの中山適性はメンバー屈指のものがあり、状態面も名伯楽の堀調教師が間近で調整していたことで好調キープ。

厩舎サイドは『晩成のハーツクライ産駒だから、ここに来て急成長している。今回は前走から2キロ増の56キロの斤量を背負うけど、57キロでも走っているように斤量苦は考えづらい。この馬の器用さと脚質を考えると、開幕週の中山コースはベストな舞台。中山記念はGIIって言っても、今回のレベルは前走の中山金杯と同じぐらいだよね。前走の状態はキープしているから、このレベルのレースなら先行策でキッチリと勝ち切ってくれるんじゃないかな』と、自信を持っていました。

『特命ルート』にとって、◎ヒシイグアスは前走の中山金杯でも本命に抜擢した馬。そのため、◎ヒシイグアスの動向を長期に渡って見ていると言えますので、その分、情報の信頼度は増すばかり。

『特命ルート』が前走に引き続いて、◎ヒシイグアスを本命に抜擢していますが、それが自信の裏返し。GI級が不在な中山重賞では負ける要素がありませんでしたね

続いては、ロイヤルルートと双璧を為す『鉄板指定レース』

今週も5名の予想家が的中ラッシュを決めてくれましたが、その予想家の中でもご紹介しないといけないのはやはり『美浦班長・田宮』

『美浦班長・田宮』はその名の通り、関東圏をホームグラウンドに置いている予想家です。

今週から中山開催が開幕したということで、どのような結果を残すのか気になった方が多いことでしょう。

その大きな注目を集めた『美浦班長・田宮』ですが、中山開幕週から的中ラッシュ。

そして、見解ありプログラムとして提供した土曜中山11Rは馬連7500円、日曜中山10Rでは3連複4万5940円と高配当を射止めています。

今回の的中ラッシュについて、『美浦班長・田宮』は下記のように振り返りました。

====================

田宮「今週は土曜中山11Rと日曜中山10Rを『見解ありプログラム』として提供いたしました。この2鞍以外にも面白い話はあったのですが、中山競馬場を語る上で土曜中山11Rと日曜中山10Rは良い見本。

とくに土曜中山11Rは中山攻略の基礎中の基礎が関わってくるレースでした。

こちらは中山芝1600m戦で行われた特別戦でしたが、私が本命に抜擢したのは◎ウインカーネリアン

◎ウインカーネリアンは昨年の皐月賞4着馬で、中山コースで2勝を挙げている中山巧者。また、逃げ先行脚質ということで、前有利の開幕週の馬場ともマッチ。そして、中山マイルで絶好とされる最内枠を引いたのです。

中山芝マイルはスタートして、すぐにコーナーに入るため、外枠の馬は距離ロスが発生しやすい舞台。それだけに最内枠を引いた中山巧者ウインカーネリアンは『鬼に金棒』と呼べる状態でした。

そして、その考え通り、◎ウインカーネリアンが2着以降を引き離して快勝。2着馬も本命馬同様に1枠を引いた先行馬エイムアンドエンドが入り、本命対抗のワンツーフィニッシュで最高の結果でした。

中山芝マイルはコース適性だけではなく、内枠有利と枠順もモノをいう舞台ですので、◎ウインカーネリアンのような典型的な中山巧者が絶好枠を引いた際は好走する確率がグッと高くなりますよ。

馬連7500円の高配当が付いたレースで、一見すると的中するのが難しかったレースだと思われるかもしれませんが、中山攻略の基礎中の基礎を把握していれば、容易に的中することができるレースだったと思いますよ」

====================

鉄板指定レースを担当する予想家5名の中で抜群の的中率を誇っている『美浦班長・田宮』ですが、中山替わりでもその安定感は健在。

しかも、舞台が地力が求められる東京コースから紛れが多い中山コースに替わったことで、ヒモ荒れの可能性が倍増しています。

予想家屈指の堅実派の『美浦班長・田宮』は安定感の良さをそのまま残し、さらに爆発力が加わったと言っても過言ではないでしょう。

中山開催は来月の皐月賞週まで行われますので、その間にさらなる的中ラッシュに期待していいと思いますよ。

最後に『AI SELECT 5-FIVE-』。今週から中山・阪神・小倉の3場開催となりましたが、先ほどお伝えした『美浦班長・田宮』の活躍もあり、いつもと変わらない高い回収率を記録しました。
 

【AI SELECT 5-FIVE-・2月27日(土)分】

■日比野・土曜阪神1R
3連単 不的中

■オフレコ記者Z・土曜小倉7R
3連複 1万580円的中(18点)


☆TEAM OUTSIDER・土曜阪神9R
3連単 不的中

■田宮・土曜中山10R
3連複 3990円的中(14点)

■田宮・土曜中山11R
馬連 7500円的中(5点)


総合回収率:488.9%

※「☆」は『ONEDAY GIFT』にて無料公開
 

【AI SELECT 5-FIVE-・2月21日(日)分】

■TEAM OUTSIDER・日曜小倉2R
馬単 4450円的中(7点)

■日比野・日曜阪神2R

3連単 不的中

■真田・日曜小倉8R
3連単 1万3280円的中(16点)

■田宮・日曜中山10R
3連複 4万5940円的中(18点)


☆オフレコ記者Z・日曜小倉12R
3連複 不的中

総合回収率:808.7%

※「☆」は『ONEDAY GIFT』にて無料公開
 

今週の『AI SELECT 5-FIVE-』で目を引いたのは日曜開催の回収率。

先ほども触れた『田宮。日曜中山10R』で3連複4万馬券が飛び出したことで、大きく回収率が跳ね上がりました。

今の『AI SELECT 5-FIVE-』で期待できるのがまさにこの高回収率。

小回りコースの中山競馬と小倉競馬は伏兵馬の粘り込みが期待でき、急坂がある阪神開催も一筋縄ではいかない舞台。

来週の『AI SELECT 5-FIVE-』も今回の日曜開催のように高回収率が記録できる可能性が高いと言えます。

そして、来週からは3月競馬に突入。

春のクラシックを占う上で欠かせない最重要トライアルレースの「弥生賞」&「チューリップ賞」がいきなり行われます。

とくに「弥生賞」は昨年の最優秀2歳牡馬ダノンザキッドの始動戦。無敗のまま世代の頂点に立ったダノンザキッドの走りに注目が集まることが予想されます。

この弥生賞は『馬係T.O.C.』による提供が決まっており、代表の真壁氏は「ダノンザキッドが弥生賞をどのような位置付けで挑んできているのか」という部分をプログラムの注目ポイントに挙げています。

3月競馬に入り、皆様の競馬熱がさらに高まっていくと思いますので、来週の開催もお楽しみにお待ちください。

鉄板調教
馬券アカデミー
サイトマネージャー 森本博司

コラム一覧

ログイン ID
パスワード
IDパスワードを次回以降入力しない
IDまたはパスワードを忘れた方 新規無料登録

こちらから無料登録をおこなってください